体内の毒素量を調べる

デトックスガイド ランキング

身体に蓄積された毒素量を調べるにはどうすればよいのでしょうか?

デトックスTOP > 毒素量

体内の毒素量を調べるには?

体内の毒素量を調べるには、いくつかの方法があります。

そのひとつが、血液検査です。血液検査はWWF(世界自然保護基金)の研究でも採用されていて、体内の毒素量をしっかり調べることができます

しかし、本来体の中に含まれる有害物質の量はごく微量なため、検査結果がすぐに出るというわけでありません。

また、特定の有害物質の含有量を調べようとしたらその費用は数十万もかかってしまい、気軽に検査を受けるというわけにはいかないようです。

毛髪で毒素量を調べる

血液検査よりも安い値段でできる検査方法に、毛髪検査があります。

毛髪検査とは、髪の毛から水銀やヒ素、カドミウム、鉛といった有害重金属などの毒素や、栄養素であるカルシウムやマグネシウム、鉄分、亜鉛、銅などの必須ミネラルを分析する検査のことで、有害重金属の残留や必須ミネラルの過不足を確認することができます。

毛髪は血液や尿に比べて約10~50倍も多くミネラル分が含まれており、ミネラルバランスが直接反映されやすいため、数ヶ月分のミネラルを安定して測定することができるのです。

あめ玉で毒素量をチェック

ちょっと変わったやり方で、あめ玉を使った簡易チェック方法があります。

唾液には毒素を体内に入れないようにするという役割があるため、唾液の量で毒素が入りやすい体質かをみるというものです。

チェックの方法は、直径1.8cmくらいのあめ玉を3分間なめた後、あめ玉の大きさを測ります。

0.9cm以内の大きさになれば問題はないのですが、、0.9cmから1.2cmでは危険信号、1.3cm以上では毒素の入りやすい体ということになります。

精密な数字や蓄積された有害物質の種類などは分かりませんが、簡易チェックをすることで自分が有害物質を蓄積しやすい体質かが分かります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  デトックスガイド -食材やダイエット- All Rights Reserved.