デトックス食材

デトックスガイド ランキング

デトックスは体から毒素を出す健康法です。

デトックスTOP > 食材

デトックス食材とは

デトックスは、体から毒素を出して体内から元気になる健康方法で、美肌にも繋がると話題になっています。

毒素は本来、汗や尿、便と一緒に排出される仕組みになっていますが、デトックス作用を持つ食材を利用することで、身体の中の浄化作用を高めることができます。

食材を利用したデトックスは『キレート作用』と呼ばれており、野菜や果物に含まれる有効成分が、体内の有害物質をカニのハサミ(キレート)のようにはさみこんで体外に排出してくれます。

キレート作用を持つ有効成分には、酢やグレープフルーツに含まれているクエン酸や、ネギやニラに含まれている硫化アリル、玉ねぎやブロッコリーに含まれるケルセチン、ニンニクに含まれているアリインなどが有名です。

野菜や魚介類でデトックス

血中にある有害物質は肝臓でろ過され、その後は便の中へ排出されて体の外へ出される仕組みなっているのですが、便が腸内に残ったままでは毒素が吸収され、体中に広がる可能性があります。

そのため、食物繊維を多く含むごぼうやこんにゃく、レンコン、寒天などの食材を摂取することで、腸内の有害物質を捕まえて体外へと排出することができます。

海の食材では、イワシやマグロ、また、海藻類などに含まれているセレンは、ビタミンEと組み合わせて摂取することで酸化防止の効果があり、水銀の毒性を抑える作用もあります。

また、亜鉛やセレンを含んだ緑黄色野菜を合わせることで、毒素の排出に効果が期待できます。

活性酸素を抑える食材

活性酸素は生活習慣病の原因になったり老化を早めるなどの症状をもたらします。

体内の毒素は攻撃性の強い活性酸素を作り出すのですが、味噌や醤油などの大豆製品に含まれるメラノイジンは活性酸素の動きを抑制する効果があります。

活性酸素の害を中和する作用を持つβカロチンは、ホウレンソウやニンジン、春菊などに含まれており、ガン細胞の抑制や動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの酸化を防ぎます

ビタミンCにも抗酸化作用がありますが、喫煙やストレス、激しい運動などを行うと大量に消費されてしまうため、緑黄色野菜や柑橘系の果物を食べたり、サプリメントを飲むなどしてこまめに摂取することが必要です。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  デトックスガイド -食材やダイエット- All Rights Reserved.