断食(ファスティング)

デトックスガイド ランキング

断食(ファスティング)にはデトックス効果が期待できます。

デトックスTOP > 断食

断食(ファスティング)とは?

断食(ファスティング)は、一定期間、一切の食事を断つことを言います。

食事をした後に眠くなるのは満腹感からではなく、血や酸素が消化のために胃袋へ送り込まれているからだといいます。

食べ物を消化することは体の負担も大きく、実に大変な作業なのです。

1日に3食しっかりと食べ、それに加えて間食もしているなら、消化器官は休みなくずっと動いていることになります。

断食(ファスティング)は消化器官に休日を与え、ダメージを回復させるために行われる健康法の一種なのです。

断食(ファスティング)の効果

断食(ファスティング)を行うことで、体は衰弱するどころか逆に元気になります。

一定期間何も食べないことで、体は栄養補給がなくなったと判断し、それまでに蓄えてきた栄養を消費するようになります。

こうして消化器官をはじめとする内臓を休ませ、消化に利用されてきたエネルギーは細胞組織の再生や有害物質の除去など、別のことで使えるようになります。

その結果、内臓が元気になり新陳代謝もアップするのです。

また、断食(ファスティング)をすることによって、内臓の本来の形や大きさに戻り、正しい位置へと落ち着くといいます。

プチ断食で手軽に断食

プチ断食とは、ミネラルウォーターや、野菜、果物などの100%ジュースだけを飲む断食方法です。

断食ほどではありませんが、週末や連休の間だけでも行うと違いが出てきます。

食べ物は摂らないので、体に蓄えられた脂肪が燃焼され、エネルギーへと変換されていきます。

そして、毒素のもととなる脂肪が減り、体内に溜まっていた有害な老廃物の排出を促す効果が期待できます。

断食(ファスティング)のあとはリバウンド防止のためにドカ食いはせず、ヨーグルトやおかゆなどで体を慣らして、段階を踏んでもとの食生活に戻すようにしましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  デトックスガイド -食材やダイエット- All Rights Reserved.